STU48 船上劇場『STU48 課外活動公演2019』『GO!GO! little SEABIRDS!!』神戸港で開催

AKB48グループ史上初の試みとなった専用船上劇場「STU48号」が、Kobe City Cruise Weeksの開催に合わせて9月26日と27日に神戸港に就航。同劇場を会場に、瀬戸内を拠点として活動するアイドルグループ・STU48が、26日はSTU48の課外活動ユニット瀬戸7とせとまいくによる『STU48 課外活動公演2019』、27日は『GO!GO! little SEABIRDS!! ~瀧野由美子 生誕祭~』を開催しました。

STU48号は今年4月に就航したばかりの日本初となる船上劇場で、瀬戸内の7県の港を巡り劇場公演を行っています。『GO!GO! little SEABIRDS!!』は記念すべき初公演となっており、「海から生まれた少女達が羽ばたいていく姿」をコンセプトにメンバーそれぞれの個性や“生き様”を投影した内容に。

9月27日の『GO!GO! little SEABIRDS!!』では高い倍率の応募に見事当選し、神戸公演を待ちわびていた約300人のファンの皆さんで開演前から船上はにぎわい、潮風が心地よいデッキやドリンクを味わえるロビーなどで思い思いの時間を過ごしていました。夕日が海に沈むころ、大航海を連想させる映像から公演がスタート。

序盤では瀧野由美子による「ようこそ私たちの海、瀬戸内へ」といったアナウンスも。ショーは3部構成となっており、ACT1ではAKB48のヒットソング「フライングゲット」「ヘビーローテーション」「風は吹いている」などを次々と披露しました。続くACT2では「島唄」「亜麻色の髪の乙女」など海にまつわる名曲をしっとりと歌い上げ、さらにサックスやウクレレなどメンバーの特技も盛り込んだ内容で魅了。ACT3では「暗闇」「風を待つ」、最新曲「大好きな人」などSTU48の楽曲メドレーをノンストップで展開しました。

9月24日に22歳の誕生日を迎えた瀧野由美子のお祝いも盛大に実施。自己紹介コーナーやMCコーナーでメンバー全員からメッセージを送られると共に、集まったファンの皆さんからも特製のスタンドフラワーやフラッグ、「HAPPY BIRTHDAY YUMIKO」と書かれたボードでお祝いされました。

また、神戸市内で行われる様々なイベントを「City Cruise(街のクルージング)」というコンセプトで繋ぐ『Kobe City Cruise Weeks』にあわせ、神戸のおすすめスポットを兵庫県出身の門脇実優菜と信濃宙花が紹介。「昔、umieにお父さんと一緒に映画をよく観に行っていました」(門脇)、「私の憧れのプランは、前日から神戸に泊まり、朝はゆっくり起きて、昼から南京町で老祥記(の豚饅)を食べて、夜はメリケンパークで好きな人と過ごす!これがおすすめです」(信濃)と神戸の魅力を発信しました。