船上劇場「STU48号」ついに神戸港に メリケンパークで3rdシングル発売記念イベント実施

瀬戸内を拠点とするアイドルグループ・STU48の3rdシングル発売記念イベントとして瀬戸内7県を巡る「せとうちめぐり」の兵庫公演がリリース日となる7月31日、メリケンパーク(神戸市中央区)で行われました。

参加メンバーは、キャプテンの岡田奈々、石田みなみ、磯貝花音、瀧野由美子ら16名。まずは、デビューシングル『暗闇』を披露。全員が元気に自己紹介をするとコール&レスポンスで会場が一体となりました!トークではSTU48の活動拠点となる船上劇場「STU48号」が神戸港に初めて寄港したことに触れ、地元・兵庫県出身の門脇実優菜が「待ちに待った兵庫での公演ができて、とても嬉しいです。機会があれば私の生まれ育った淡路島でも船上劇場で公演をやりたいです!」と喜びを語りました。

 

その後MCが登場し、神戸港初寄港セレモニーを実施。兵庫県 産業労働部 観光監 城 友美子氏、一般財団法人神戸観光局 専務理事 大敷典子氏からの祝辞と、記念品・花束・記念盾・キャップなどがメンバーに手渡されました。

メンバーを代表して兵庫県出身の石田みなみは「STU48として活動して2年半、色々な地域でイベントをやらせていただきましたが、兵庫県でイベントなどを行うことが少なかったので、こうして神戸港に来ることは大きな意味があると思います。港は観光で来られる方が多いので、そこでSTU48号を見て、興味を持ってもらえるきっかけになれれば嬉しいです。これからも瀬戸内に、そして私の大好きな、地元の兵庫県にもっと貢献できるようなアイドルグループになりたいです」と笑顔でコメント。

セレモニー後は、『出航』『ペダルと車輪と来た道と』『夢力』とアップテンポナンバーを3曲連続で披露。ファンの声援が響き渡る中、きらめく笑顔と爽やかな歌声、キレのあるダンスで観客を魅了しました。ファンの方々と記念撮影などが行われ、最後には“大好きな人”を見送る力強いメッセージソング、3rdシングル『大好きな人』を披露しイベントを締めくくりました。

 

イベント終了後には岡田奈々・石田みなみ・門脇実優菜・瀧野由美子・石田千穂の囲み取材も実施。

今作のセンターを務める瀧野由美子は「“せとうちめぐり”は1stシングルから続けていることで、今回は外活動ユニットの各メンバーでまわらせていただきました。私が行っていない県でも他メンバーから盛り上がったことを聞いていて、改めて瀬戸内の良さとファン皆さんの温かさを感じました」とコメント。

岡山公演で出演したという石田千穂は岡田奈々から「何食べた?桃?」と問われると「タピオカ!」と返答し「千穂ちゃん、それはいつもでしょ?」とつっこまれつつ「暑い中、皆盛り上がってくれて嬉しかったです」と笑顔。

石田みなみは「“せとうちめぐり”の最後を私の出身地兵庫県で締めくくることができてこんな嬉しいことはないなと思うし、兵庫県はやっぱり良いところだなぁと感じました」と振り返り、門脇実優菜は「今まであんまり兵庫でイベントができていなかったけど、その分今日のイベントが盛り上がりましたね!」と嬉しそうに話しました。

3rdシングル「大好きな人」について岡田奈々は「STU48では今まで表現したことのない、大切な人との別れを描いた切ない曲調の楽曲でしたので、手さぐりな感じもありましたが、作連続でオリコンデイリー1位を獲得できて嬉しいです。日々応援してくれるファンのみなさんのおかげです。本当にありがとうございます。これからも1位を頂けるように頑張りたいです」と喜びを語りました。

 

STU48の今後のライブ、イベント情報などは公式サイトでチェック!